• 印刷する

公務員の年央賞与、0.35カ月分を支給

シンガポール首相府公務員局(PSD)は20日、公務員の年央賞与として年次変動手当(AVC)を0.35カ月分支給すると発表した。2021年は年央に0.3カ月分、年末に1カ月分をそれぞれ支給していた。

全公務員を対象に支給する。給与水準が低い下級公務員には、等級に応じて200Sドル(約1万9,400円)または400Sドルを一時金として追加する。

公務員への賞与支給は、政労使で構成する全国賃金評議会(NWC)の勧告に沿って実施している。今回は、新型コロナウイルス禍からの景気回復が進んでいる一方で、ロシアによるウクライナ侵攻などの影響で外需見通しが悪化していることが考慮された。

年央の賞与は、例年7月に支給されている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

持続可能な製造の人材育成、HPなどが開始(08/19)

新規感染3553人、2日連続で減少(18日)(08/19)

証券取引所、22年6月期は売上高が過去最高(08/19)

水道庁、初のグリーンボンド発行へ(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

柔軟な勤務形態への要求強く フルタイム出社で転職「6割」(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

南洋大、ブロックチェーン研究所を開設(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン