富豪ラソン氏、エネ事業参入 世界最大の太陽光、ガス田権益も

フィリピンの大富豪で実業家のエンリケ・ラソン氏(62)が、国内の発電事業や資源開発などエネルギーインフラ事業への本格参入に動き出した。世界最大の太陽光発電施設の建設や国内唯一の天然ガス田の権益取得に向けた準備を進めている。燃料高で物価が上昇するなかでも安定した電…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電機建設・不動産運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中銀、政策金利3.75%に 連続利上げ、物価抑制を優先(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

公共交通車両1万台超、首都圏で運行再開(08/19)

シティコア、25年に発電容量7倍狙う(08/19)

5G速度、比はア太地域でワースト4位(08/19)

全国の港湾施設、1~6月は旅客2.4倍(08/19)

レジ袋課税法案を可決、下院歳入委(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン