• 印刷する

誠品董事長、5年後の売上高300億元目標

「誠品(eslite)」ブランドの書店や雑貨店、ホテルを展開する台湾の誠品生活の呉旻潔董事長は、5年後に年間売上高を300億台湾元(約1,331億5,700万円)とする目標を示した。2022年の売上高は185億~190億元になる見通し。6日付工商時報が伝えた。

来年の売上高は新型コロナウイルス感染拡大前の水準の200億元を目指す。

呉董事長は向こう5年で、観光エリアでの大型店と社区(コミュニティーや地域の単位)での小型店に加え、電子商取引(EC)サイトの3項目が主な成長の指標になると説明した。

誠品生活は新型コロナの影響を受け、昨年は上場以来初めて2億2,900万元の赤字に転落。中でも、北部の大型店舗などが影響を受けた。

誠品生活はコロナ禍の中、域内旅行と飲食市場、売り場の統合、ECに力を入れる方針。小型店に飲食関連の導入を試みるほか、グループホテル部門の誠品行旅(エリートホテル)では6月中にも初の年会費制度を導入する予定。1万9,800元を支払えば、ホテル宿泊や飲食、売り場での商品券利用など5万元相当のサービスが受けられるとしている。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週末、台北を歩いた。…(08/08)

台湾表記の貨物差し押さえか 中国が通知と韓国メディア報道(08/08)

中国の大規模演習が終了、台湾攻撃想定(08/08)

「中台中間線打ち破った」、進入常態化を示唆(08/08)

中国に軍事演習中止要求、日米豪外相が声明(08/08)

シャープ売上高8%減、上海都市封鎖で=4~6月(08/08)

台湾対岸の街、経済に打撃=中国軍事演習で(08/08)

鴻海の7月売上高、同月の過去最高を更新(08/08)

UMCの7月売上高、10カ月連続で過去最高(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン