国軍兵士、薬物の影響下で戦闘=民主派

ミャンマー北西部チン州の民主派市民が結成したチンランド防衛隊(CDF)によると、国軍兵士が覚醒剤の一種であるアンフェタミンを服用しているようだ。薬物の影響下で戦闘に臨んでいるという。独立系メディアのミッジマが19日伝えた。 4月末から5月14日にかけて実施したCD…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラカイン州、バングラ向け淡水魚の養殖拡大(16:22)

国軍が拒否、赤十字の刑務所訪問要請(16:22)

26日の感染者3人、81日連続で死者ゼロ(12:12)

進まないクーデター対応 ミャンマー難民申請者(06/27)

ウクライナ避難民厚遇、「緊急措置」と首相(06/27)

難民と避難民(06/27)

国軍への圧力強化を=国連特別報告者(06/27)

ネット遮断と残虐行為の阻止を=人権団体ら(06/27)

民主派、海外労働者の調査と証明書発行へ(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン