• 印刷する

工場向け機器メーカーCKD、初の生産拠点

工場向け機器メーカー、CKD(愛知県小牧市)は11日、インド西部ラジャスタン州のニムラナ工業団地に工場を建設すると発表した。2022年10月に着工し、23/24年度(23年4月~24年3月)中の稼働を目指す。建設費用は約8億円。これまでインドに販売拠点はあったものの、生産拠点を設けるのは初めて。

工場では、工作機械や自動車、食品、医療機器など、各メーカーの生産ラインに必要な空気圧機器や流体制御機器の量産を手がける。工場の敷地面積は約1万4,600平方メートル、延べ床面積は約8,500平方メートル。

CKDは15年12月、インドの販売拠点として完全子会社CKDインディア(北部ハリヤナ州グルガオン)を設立。現在は日本と中国、タイの自社生産拠点から機器を輸入し、インドの各メーカーに販売している。ニムラナの工場は今後、CKDインディアが運営し、同工場で生産した機器も現地で販売する。

CKDの広報担当者はNNAの取材に対し、「人口増と経済成長を続けるインド市場で、将来に向けた事業基盤を築くため、今回の建設を決めた」と話した。

CKDがインド西部ラジャスタン州に建設する工場のイメージ図(同社提供)

CKDがインド西部ラジャスタン州に建設する工場のイメージ図(同社提供)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 電機その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

二輪ロイヤル、350ccの新型車発売(08/19)

テイクオフ:先日、デリーを散策中、…(08/18)

新南向の収益、初の中国超え 上場企業の1Q投資、今後逆転も(08/18)

オラ、初の電動四輪を投入へ 24年発売、自社生産の電池を搭載(08/18)

ダイキン、ニムラナに研究開発センター設立へ(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン