• 印刷する

政府代表団が欧州訪問、パーム油問題解決へ

マレーシアのプランテーション事業・コモディティー省の代表団は9日から、マレーシア産パーム油の取り扱いを巡る問題解決に向け、スイスのジュネーブを訪問している。

欧州連合(EU)は、パーム油由来のバイオ燃料の使用を2030年までに段階的に禁止する方針を打ち出している。マレーシア政府は昨年から、マレーシア産パーム油とバイオ燃料の取り扱いについて、EU側に協議を求めてきた。

プランテーション事業・コモディティー省のフェイスブックによると、世界貿易機関(WTO)の紛争解決制度を通じた解決を目指す。第1回の協議は10~13日に行われる。


関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

印軍用機HAL、マレーシアで事務所開設(08/19)

7月の新車販売、6.5倍の4.9万台(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

新規感染3516人、死者は4月下旬来の高水準(08/19)

ホンダ、SUV「HR―V」新型の納車開始(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン