• 印刷する

ホンダ四輪、HEV版シティを発売

ホンダの四輪子会社ホンダカーズインディア(HCIL)は4日、中型セダン「シティ」のハイブリッド車(HEV)を発売した。燃費改善効果が高いストロングHEVに当たり、車名は「シティe:HEV」。価格は194万9,900ルピー(約330万円)。

色はレッド、プラチナホワイトパール、グレー、ブラウン、シルバーの5種類がある。新シティ発売について、HCILの津村卓哉社長は発表資料を通じ、「電動化の未来に向け、お客さまのスムーズな移行を助けるだろう」とコメントした。

HCILによると、新シティの燃費はガソリン1リットル当たり26.5キロメートル。従来のガソリン車タイプから40~45%改善した。エンジンのみならずモーターも駆動時に大きな役割を果たし、高い走行パフォーマンスを期待できる。西部ラジャスタン州タプカラの工場で生産している。

シティはHCILのインド市場への初投入車で、初代モデルは1998年1月に販売を始めた。

4日に発売された「シティe:HEV」(HCIL提供)

4日に発売された「シティe:HEV」(HCIL提供)


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通っているヨガ教室は、…(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

再エネ目標で約30兆円必要 30年まで、資金源は債券と株式か(06/28)

高級品・サービス租税率、26年3月まで延長(06/28)

運搬車両のデリー入境禁止に産業界が反発(06/28)

港湾の待機時間、大幅短縮の公算(06/28)

トヨタG部品会社、電動化関連で新ライン稼働(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン