• 印刷する

日本工営、シエムレアプの観光促進で覚書

建設コンサルタント企業の日本工営は25日、カンボジア北西部シエムレアプ州での観光事業の促進に向けた協力で、現地の企業連合との間で覚書を締結したと発表した。情報通信技術(ICT)を活用して観光産業を振興するプロジェクトを支援する。シエムレアプ州は、世界遺産のアンコールワット遺跡群がある観光地。

地元の観光関連企業や地域の代表者らで構成されるシェムリアップ・ツーリズム・クラブ(STC)と覚書を結んだ。日本工営は、自社のICTに関するノウハウを活用し、STCと連携して観光地の環境改善や人材育成を推進。宣伝活動や付加価値の高い新たな観光ビジネスの創出などにも取り組む。

日本工営はこれまでに、同州で日本政府が主導するスマートシティー事業に参画した実績がある。2020~22年には国際協力機構(JICA)からの委託で、州政府によるスマートシティー化に向けたロードマップ(行程表)の策定を行っている。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 建設・不動産IT・通信観光

その他記事

すべての文頭を開く

23年最低賃金、8月に3者協議開始へ(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

観光業2.2万人失業、廃業・休止は約1200社(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

地方選の得票確定、人民党が7割強で圧勝(06/28)

財政赤字額、21年はGDPの5.3%に拡大(06/27)

建設認可額、1~5月は60%減の9.5億ドル(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン