対日輸出が堅調、21年2割増 半導体需要や資源価格上昇が背景

マレーシアの対日輸出が堅調だ。新型コロナウイルスの感染拡大にもかかわらず、2021年の輸出額は前年比2割増と、4年ぶりのプラスを記録。22年第1四半期(1~3月)もその勢いは続いている。コロナ禍によるデジタル関連需要の拡大で半導体の輸出が拡大しているほか、資源価格の…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染2003人、5日連続で2千人台(14:37)

22年補助金、史上最高の773億リンギ規模に(16:14)

ホンセン、PCR検査キット業者の株式譲渡(12:22)

サンウエーモールズ、北部地域で事業強化(12:17)

テイクオフ:マレーシアで、都市高速…(06/27)

コロナ後も日本旅行に熱視線 JNTO、20~40代初訪日に照準(06/27)

格安航空会社、日本便の復活・新設広がる(06/27)

新規感染2302人、4日連続2千人台(06/27)

国軍への圧力強化を=国連特別報告者(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン