【アジアの風、日本のゆくえ】(第5回) アジアの下克上時代をバリューチェーンから観察する

インドは半導体国産化のため、そのパートナーに鴻海(ホンハイ)精密工業を選んだ。アジアの電子・電機産業を日本企業が牽引する時代は終わったのだろうか。サプライチェーンを構成する事業の付加価値のありかを示すバリューチェーンに着目すると、下剋上時代のアジア経済の実態が…

関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

信金中金、販路開拓支援で初の実店舗活用(19:19)

マ航空が羽田線就航、JALとコードシェア(18:09)

UMWの7月販売、17%減の2.5万台(17:45)

〔アジア人事〕スノーピーク(08/15)

トヨタ、移動事業で新会社 東南ア初、車両管理など収益源に(08/15)

存在感増す電動車、投入続く 五菱EV1500台受注、展示会(08/15)

第一生命、NZ生保2位を買収 海外9カ国目の進出へ(08/15)

漫画ネット販売TORICO、現法設立(08/15)

【書籍ランキング】7月28日~8月3日(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン