• 印刷する

テイクオフ:読点を打つのは難しい。…

読点を打つのは難しい。基本的には「息継ぎ」をする場所で、文章を読みやすくしたり、誤読を避けたりするために打つ。ただ悩ましいのは、大まかなルールはあれ使い方は個性に任される点だ。打ちすぎても、打たなすぎても読みづらくなってしまう厄介な存在でもある。

日本語ネーティブにとって、韓国語の難しさはまず、分かち書き。どこで切っていいやら、韓国人でも「完璧に書くのは至難の業」とこぼすのを聞く。後は日本語の読点に近いカンマの打ち方。「シィムピョ(休む印)」というが、日本語とは打つ感覚が異なる。長年学んできたが、まだ自信がない……。

この季節に思い起こす読点の白眉は「春よ、来い」。「来い」という命令形の前に打つことで、願いに切実さが加わる。ウクライナの悲しみには、読点ではなく終止符を打ちたい。一日も早く、平和よ、来い。(葉)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1本1万2,000ウォ…(06/27)

コロナ後も日本旅行に熱視線 JNTO、20~40代初訪日に照準(06/27)

週52時間勤務制の改正推進へ 残業単位見直し、労組の反発も(06/27)

新規感染者6246人、死者6人増(06/27)

SKの地場ファウンドリー買収、中国も承認(06/27)

鴻海、新首都スマートシティー投資に関心(06/27)

LXグループ、半導体事業に本腰(06/27)

スリムベゼルの一体型パソコン、LGが発売(06/27)

エアソウル、仁川―越ニャチャン路線を再開(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン