【クーデター1年】企業は現地への貢献発信を 不安定な状況続くと工藤氏

【第4回】ミャンマーの政治経済に詳しい政策研究大学院大学の工藤年博教授(東南アジア研究)はこのほど、NNAの取材に対し、国軍と民主派の対立が続く現地情勢について、「両者とも決定打を出せず、不安定な状況が続く」との見方を示した。進出する日本企業に関しては、「ミャ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国連、ザガイン学校攻撃は「戦争犯罪」(09/30)

観光業振興に214億チャットの公的融資(09/30)

批判は「承知」、国葬へのミャンマー招待(09/30)

「ミャンマーに注目を」、拘束の久保田氏(09/30)

29日の感染者379人、新たに死者1人(09/30)

3カ国、低成長と物価高併存 ミャンマーはインフレ率20%も(09/30)

企業情報の閲覧不可に、国軍の圧力か(09/30)

国家経済のために工業団地が必要=総司令官(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン