• 印刷する

テイクオフ:「大変な2021年をよ…

「大変な2021年をよく耐えたね。今年はよりよい年になりますように」。宅配サービスで届けられた食事の容器に、手書きのメッセージカードが添えられていた。オンラインで注文し、配達員はロビーの棚に食事を置いて帰る。コロナ下で構築された非接触のデリバリーシステムの中に、できたての食事の温かさとは異なる、ぬくもりがあった。

メッセージをくれたのは、ジャカルタ市内に小規模ながら数店舗を構えるインドネシア料理店だ。彼らのほうがコロナ禍を耐え抜くのに必死だっただろう。メッセージの最後に記された笑顔の顔文字の裏で、いつコロナが収まるのかと不安を抱えているだろう。

宅配サービスは一方通行だ。こちらから感謝の気持ちを伝えることはできないが、コロナが落ち着けば、店に行って食事をしてみよう。その日まで、彼らにも耐えていてもらいたい。(高)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

食用油の高騰、天井見えず 国際市場ひっ迫で拍車懸念(05/20)

テイクオフ:昔の話だが、初めて海外…(05/20)

米テスラ、年内に投資実施か 中ジャワ州が候補、投資相が言及(05/20)

23日から食用油の輸出再開=大統領(05/20)

年内にボーキサイトとスズ禁輸、投資相が明言(05/20)

再生可能エネルギーは輸出せず=投資相(05/20)

対外債務3月、前年同月比1%減(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン