• 印刷する

テイクオフ:長野県の郷土料理に、鞍…

長野県の郷土料理に、鞍掛(くらかけ)豆をだし汁で煮たものがある。鞍掛豆は青大豆の一種で、馬に鞍をかけたように見えることが名前の由来だそうだ。年末に帰った時に久しぶりに食べて実においしく、ハマってしまった。

オーストラリアに帰ってからさっそく鞍掛豆を探してみた。アジア系グロッサリーに多様な豆があったはずだ。すると、鞍の模様が小さいが、似た豆が見つかった。「Black-eyed Beans(ブラックアイド・ビーンズ)」。だが煮てみると、鞍掛豆ほど膨らまず、味は豆としてはまずまずだが、風味が全然違う。後に、これは「ササゲ(大角豆)」という別の豆であることが分かった。

鞍掛豆は生産量が少なく、日本のスーパーでも売られていないようだ。外国でもさまざまな日本食材が手に入る時代になったが、日本の食文化の奥深さには、ただため息が漏れるばかりだ。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが家はシドニーの駅近…(05/20)

豪の新型コロナ死、10%は別の死因=統計局(05/20)

〔政治スポットライト〕豪人、生活費高騰リスクも最低賃金上昇を支持(05/20)

〔政治スポットライト〕労働党の政策コスト、与党を74億$上回る(05/20)

豪4月失業率3.9%、48年ぶりの低水準に(05/20)

低調な賃金上昇、市場独占が原因=前競争委長(05/20)

サントス幹部が訪日、JX石油開発などと協議(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン