• 印刷する

テイクオフ:シンガポール系のフリー…

シンガポール系のフリーマーケットサイト運営大手カルーセルの調査によると、マレーシアの中古品取引ではパソコン、携帯電話、タブレット端末といった電子機器の購入や、家具や家電の売却が活発だ。また、昨年は新型コロナウイルスの影響で紳士服の取引が急増し、初めて婦人服を上回ったという。

日本にいた時は、よく中古品ショップやフリマサイトを活用していた。ショップには洋服や本を売りに行くことが多く、ついでに100円の文庫本コーナーで中古の書籍を購入。引っ越しの際はフリマサイトを利用して、家具や家電を処分した。

マレーシアでもフリマサイトで中古の本が手に入るか調べてみたが、日本語のものはほとんど出品されていなかった。それでも、タンスに眠っていて、まだ着られる洋服がたくさんあるので、売りに出してみようとアプリをダウンロードした。(望)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

ハラル認証の骨セメント投入 Kパワー、医療分野で事業拡大(05/27)

新規感染2430人、4日ぶり2千人超(05/27)

マレーシア企業、シングポストのEC買収(05/27)

RM1=28.8円、$1=RM4.40(26日)(05/27)

マ航空、以遠便に国内フライト無料の特典(05/27)

川崎汽船、ペトロナス向けLNG船を竣工(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン