• 印刷する

テイクオフ:「お客さん、そうじゃな…

「お客さん、そうじゃないよ。分かってないなあ」。被害妄想かもしれないが、日本のコンビニエンスストアの店員にはそんな風に思われていたのではないか。2年ぶり一時帰国した日本ではキャッシュレス化が急速に進んでいた。コンビニなどのレジでは、決済の手順がわからず、たびたびまごついた。

2年という月日は短いようで、やはりそれなりに変化がある。最も変化を感じたのはキャッシュレス化だ。諸外国に比べて、現金決済の比率が高いと言われていた日本だが、外食や小売り、鉄道の乗車など、あらゆる場面で現金を使う機会がめっきり減っていた。新型コロナの流行により、接触機会をできるだけ減らそうという動きが、背景にあるのは言うまでもない。

いまだコロナ禍が猛威を振るう中、再び帰国できるのはいつだろうか。その時の日本はどんな風に変化しているのだろうか。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

再生エネEA、今年は電動バス2千台納車(05/27)

パープル・レッド線乗り換え、入場料金免除(05/27)

個人情報保護法、6月に施行 刑事罰や集団訴訟などの可能性も(05/27)

ラオス中国鉄道、6月下旬に物流施設と接続(05/27)

新規の感染者4924人、死者37人(26日)(05/27)

テスラがタイ法人設立、EV輸入販売見通し(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン