• 印刷する

石油消費、25年にピーク=研究機関見通し

中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック)系の研究機関、中国石化集団経済技術研究院はこのほど発表した報告書で、中国の石油消費量が2025年にピークアウトするとの見方を示した。中国が60年までの脱炭素社会の実現を目指す中、化石燃料の消費が厳しく抑制され、世界平均よりも5年早くピークアウトを実現するとみている。中国能源報が伝えた。

報告書では、1次エネルギーに占める割合は非化石エネが25年に石油を超えると指摘。60年には非化石エネが80%以上を占め、世界平均を10ポイント上回る見通しだ。

石油需要は化学工業が主力になるとみる。足元の石油消費のうち、化学工業の比率は16%にとどまるが、30年には28%、60年には45%になると予測した。

交通分野の脱炭素化も進むと指摘している。ガソリン需要は30年まで大きな変動なく推移すると予測。ただ、電気自動車(EV)など「新エネルギー車(NEV)」の発展が進む中、30年以降はガソリンやディーゼルの代替燃料が商品化段階に入ると指摘した。50年以降、交通燃料は水素や電気、バイオマスといったグリーンエネルギーが主体になるとしている。

交通分野の代替燃料では現在、天然ガスが約58%を占めるが、30年までに電気が47%に高まるとみている。電気の割合は40年に73%、60年には86%に達する見通しだ。

中国は二酸化炭素(CO2)排出量を30年までにピークアウトさせ、60年までに脱炭素社会の実現を目指すと表明している。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車化学天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

上海市、リスク地域からの訪問者に隔離措置(05/27)

国営製鉄、高炉再稼働に向け中国宝武と覚書(05/27)

コロナ国内感染、26日は80人(05/28)

ラオス中国鉄道、6月下旬に物流施設と接続(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

収束傾向が全国的に鮮明 地域縮小、感染者も減少(05/27)

アップルのイヤホン、ベトナムに生産移管か(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン