• 印刷する

テイクオフ:にわかに注目を集めてい…

にわかに注目を集めている事件がある。ある住宅地で放し飼いにされていたクジャクが、通りかかった3歳児を襲ったのだ。児童は顔に3センチメートルの切り傷を負い、助けようとした父親もけがをしたという。

現在この家族と飼い主は、責任の所在を巡って争っている。当地でクジャクをペットとして飼育することは合法だ。ただ、話題となっているクジャクは、門を開け放した住宅の敷地内で放し飼いにされていた。両親側の主張では、児童は敷地の外からクジャクを眺めたところ、突如距離を詰められ、襲われてしまったという。飼い主は、クジャクにストレスを与えた児童側に非があると主張する。インターネット上では双方に非があるとする声もある。

犯罪ではないため、警察は捜査から手を引いている。ペットを巡るトラブルの解決というのは、どこの国でも難しそうだ。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ふと気が付くと、家電製…(01/26)

日本通運が組織体制再編 NXグループへ、海外事業を加速(01/26)

グラブ、22年に電動車両1万4000台投入(01/26)

緊急の金融引き締め策、物価上昇圧力懸念で(01/26)

外国人入国者数、21年は約9割減の33万人(01/26)

21年のホテル売上高2割減、苦境続く(01/26)

金融業界、外国人人材の流出が加速へ(01/26)

ショップハウス取引額、21年は過去最高(01/26)

米ツイッター、エンジニアを2倍に増員(01/26)

海鮮料理チェーン、経営不振で株取引停止(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン