脱エンジンが産業に変革、異業種EV参入狙う

【共同】自動車産業に100年に一度の変革の荒波が押し寄せている。台湾の鴻海精密工業など異業種が電気自動車(EV)を相次ぎ開発し、米アップルも虎視眈々と参入を狙う。モーターで走るEVは自動車メーカーが1世紀にわたり磨き上げたエンジンの技術を必要としない。車造りを根本…

関連国・地域: 台湾日本米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

ロームの天津工場、稼働一部再開(17:42)

日本製鉄がタイ電炉2社買収、最大869億円(19:05)

テイクオフ:最も安全な国はどこか―…(01/21)

印に初の半導体工場設立を推進 ベダンタ、傘下の日系企業通じ(01/21)

【現場で語る2022年】ガス火力時代の商機つかむ 三菱パワー、再エネ蓄電も(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

物流大手トランコム、同業2社を買収(01/21)

双日が消費財卸に参入、新興企業に出資(01/21)

トヨタ、「ハイラックス」を初投入(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン