レムチャバン港3期、ガルフなどが運営会社

タイの独立発電事業者(IPP)ガルフ・エナジー・デベロップメントとタイ国営石油PTTは25日、東部チョンブリ県レムチャバン港の第3期拡張事業(ターミナルF)に関して、港湾や倉庫の運営会社を合弁で設立すると発表した。 タイ証券取引所(SET)への報告によると、ガ…

関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3回目の新型コロナワク…(01/26)

コロナ後の労働力確保に懸念 国内は少子化、出稼ぎ者も戻らず(01/26)

公共事業運輸相、業界団体とEV普及策協議(01/26)

新規感染者6718人、首都で増加傾向(25日)(01/26)

21年の6空港利用者、65%減の1620万人(01/26)

住宅スパライ、22年の新規プロジェクト34件(01/26)

LPN、1~3月のコンド予約目標100億円(01/26)

仏トタルのミャンマー撤退、当面は影響なし(01/26)

ガルフ、チェンマイの廃棄物発電業者を買収(01/26)

タイ北部に米国が新公館、周辺国情報を収集(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン