生物多様性、脱炭素と一体に 気候危機「決定的な10年」(4)

地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に沿って、世界の気温上昇を産業革命前と比べて1.5度に抑えるために温室効果ガスの排出削減目標を定める企業が増えている。この目標の国際的な基準作りなどを進めてきたのが、環境保全団体の世界自然保護基金(WWF)だ。脱炭素化に向かう…

関連国・地域: 日本アジア東アジアASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

イゲタ金網が新工場で生産へ ティラワ特区、地場と合弁(11/30)

カイゼン支援をIoTで推進 日系iスマート、タイで商機探る(11/30)

第一三共、医薬品開発で子会社設立(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

三井石油開発、ミャンマー沖鉱区権益譲渡へ(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

とちぎの地酒を香港に、県が販路開拓支援(11/30)

東京ガスと三菱商事、炭素中立メタン事業調査(11/30)

移動制限や需要影響に懸念、水際対策強化の成田(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン