リオが低排出の製鉄技術開発、バイオマス利用

英豪資源大手リオ・ティントは18日までに、原料炭の代わりにバイオマス(生物資源)を利用して、二酸化炭素(CO2)の排出を低減した製鉄の新技術を開発する方針を明らかにした。マイクロ波技術と組み合わせ、費用対効果の高い低排出技術の確立を目指すという。シドニー・モーニ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 鉄鋼・金属農林・水産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの住宅価格はい…(12/01)

観光業、変異株規制なら大打撃 小売りも影響懸念(12/01)

変異株が市内拡大か、首相「再封鎖はなし」(12/01)

豪行きの乗り継ぎ客、オミクロン株に感染(12/01)

〔政治スポットライト〕豪予算案3月29日に発表へ、総選挙は5月か(12/01)

豪連邦裁、違法ストで海運労組に損害賠償命令(12/01)

豪のハイブリッド車販売増、トヨタがけん引(12/01)

NTT、シドニー工科大と次世代都市づくりへ(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン