院内作業支援ロボット、公営診療所で試験

シンガポール東部タンピネスのポリクリニック(公営診療所)で、来院者の体温計測などを看護師に代わって行う院内作業支援ロボットが試験運用されている。新型コロナウイルスの感染拡大で忙殺されている看護師の負担軽減や院内感染の抑制が狙いで、来年に本格運用される見込み…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:この時期の繁華街はクリ…(12/08)

東南アでコンテンツ事業拡大 新興へプミル、eスポーツに注力(12/08)

日系企業、22年の見通し堅調=ジェトロ調査(12/08)

富士フイルム、動物病院に医療機器提供(12/08)

1~3月の企業景況感、2年ぶり高水準(12/08)

上場企業の7~9月期、6割超が収益改善(12/08)

SBI、暗号資産取引所の運営会社に出資(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン