北部の開発支援、仏が900万ユーロ拠出

フランス開発庁(AFD)は16日、ラオス北部での開発支援に900万ユーロ(約11億6,300万円)を提供することで、同国の計画・投資省と合意した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が17日伝えた。 支援するのはコーヒー豆の栽培と自然災害対策。それぞれ300万ユーロ、600万ユーロを…

関連国・地域: ラオス欧州
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ホテルで新型コロナ患者収用へ、政府方針(10/18)

14日は感染者651人、1人死亡確認(10/15)

シノファーム製ワクチン、100万回分が到着(10/15)

中老鉄路列車、15日に首都到着へ(10/14)

13日は感染者566人、2人死亡確認(10/14)

ソラミツ、ラオスでデジタル通貨調査へ(10/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン