【ミャンマー市場の今】教育セクターの現状と課題 第16回

■外資が教育事業に参入 コロナ禍による経済困窮以前には、経済発展がもたらす所得向上から子どもに教育費をかける家庭が増えた。定期的に実施する中間層における支出調査をみると、教育費が支出の約1割を占める結果もみられ、外資系教育事業者にも事業機会が広がった。加えてミャ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

20年度輸出入とも2割減 政変後に減速、9年ぶり黒字に(10/28)

完全な合意履行要請、ASEANが議長声明(10/28)

コロナ、経済再生で支援=日中韓ASEAN(10/28)

米大統領、ミャンマーの暴力に懸念表明(10/28)

民主派政府の承認を=ASEAN「大使」(10/28)

弾圧の死者1200人、直近1カ月余で100人増(10/28)

スー・チー弁護団のかん口令は違法=専門家(10/28)

スー・チー氏、刑法違反容疑を否認(10/28)

中銀が3000万ドル売却して介入、今月3度目(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン