• 印刷する

ACエナジー、インドの太陽光発電所を稼働

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション傘下の発電会社ACエナジーは11日、香港系企業との合弁会社UPC―ACエナジー・ソーラーが、インドで太陽光発電所2カ所を稼働したと発表した。

西部ラジャスタン州ジョードプルでシタラ太陽光発電所(発電容量14万キロワット)を、グジャラート州アムレリでパリアプト太陽光発電所(同7万キロワット)をそれぞれ稼働した。投資額は合計で約1億米ドル(約111億円)。2カ所の稼働に伴い、二酸化炭素(CO2)の排出量は年32万3,990トン抑えられると推計される。

UPC―ACエナジー・ソーラーは年内に、インドで計42万キロワット相当の太陽光発電施設の建設に着手することを目指している。


関連国・地域: フィリピンインド
関連業種: 電機電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

首都圏のコロナ規制延長、6月15日まで(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

企業優遇、対象分野明確に 新たな戦略投資計画、大統領承認(05/27)

マルコス次期政権、財務相に中銀総裁(05/27)

マルコス氏、中国に「主権譲らない」(05/27)

比海軍がスービックに基地、中国けん制(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン