【政変半年】迫る経済危機、貧困に拍車 コロナ追い打ちで回復見えず

【第1回】ミャンマーで、2月1日に発生したクーデターから半年が経った。当初の数カ月は、政情不安や社会の混乱で経済がまひした。正常化の兆しが見え始めたところで、新型コロナウイルス感染症が爆発的に拡大した。投資や貿易の停滞は長期化しており、貧困層の急増が現実のもの…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者、5日連続で2千人下回る(14:07)

武装勢力の活動が活発化、戦闘宣言以降(14:07)

民主派、将兵の離反促す 軍の瓦解は見通せず(09/23)

9月に入り4800万ドル、4度目の為替介入(09/23)

パーム油価格さらに上昇、4100チャットに(09/23)

コロナ禍でもBOT事業は継続=建設省(09/23)

中国、ミャンマーからの希土類輸入が減少(09/23)

スー・チー氏無罪主張、刑法違反で正式起訴(09/23)

弾圧を調査、政治犯支援協会に国際平和賞(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン