UBS、台湾の21年成長率予測5.9%を維持

スイス系金融大手UBSは17日に開催した投資展望会議で、2021年の台湾の域内総生産(GDP)成長率を前年比5.9%と予測した。今年3月に示した予測を維持した。台湾での新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する一方、輸出が好調なハイテク製造業が今年と来年の台湾の成長を支える…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「コロナのせいで、彼氏…(08/03)

住宅取引が回復、感染者減で 3~9割増加、下期は活況予想(08/03)

新型コロナの域内感染、2日は12人(08/03)

台北・新北、飲食店の店内利用を再開(08/03)

警戒レベル引き下げの可能性低い、指揮中心(08/03)

「第2級」初の週末、台北の人出は15%増(08/03)

週末の豪雨、TSMC生産への影響なし(08/03)

台プラ総裁、「21年利益はコロナ前水準に」(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン