• 印刷する

高齢者21人が死亡、コロナワクチン接種後

台湾のニュースサイト「東森新聞雲(ETtoday)」によると、新型コロナウイルスワクチンを接種した高齢者が17日夕までに少なくとも21人亡くなったことが分かった。

地域別では新北市が5人、台中市が4人、新竹市と雲林県が各2人、台北市と桃園市、新竹県、彰化県、嘉義市、台南市、高雄市、屏東県が各1人だった。多くが高齢者へのワクチン接種が始まった15日以降に接種した後に亡くなった。複数の人に高血圧や糖尿病などの持病があった。

コロナ対策を担う台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心の陳時中指揮官は17日「死亡にはさまざまな可能性があるが、ワクチン接種との関連性も当然排除できない」と指摘した上で、「ワクチンを打つことでの利益の方が不利益よりも大きい」と述べ、ワクチン接種を勧める考えを示した。

台湾大学医学院附設医院児童医院の黄立民院長は、指揮中心がワクチン接種と死亡との関連を明らかにしなければならないと強調した。

台北市では高齢者向けのコロナワクチンの接種に訪れる人の数が減少した=17日(中央通信社)

台北市では高齢者向けのコロナワクチンの接種に訪れる人の数が減少した=17日(中央通信社)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、2日は12人(20:21)

テイクオフ:台湾で生活していると、…(08/02)

2QのGDP、7.47%成長 11年ぶり高水準、輸出の好調続く(08/02)

新型コロナの域内感染、1日は12人(08/02)

嘉義県のアルミ工場でクラスター、11人感染(08/02)

TSMC、南科工場を一時停止か(08/02)

日月光、21年上期は過去最高益に(08/02)

鴻海が7億米ドルの社債、海外向けで今年初(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン