燃料棒破損と発表、原発で放射性濃度上昇

【北京共同】中国広東省の台山原発から放射性希ガスが大気中に放出されたと報じられた問題で、中国生態環境省は16日、同原発の燃料棒の破損により冷却材中の放射性物質の濃度が上昇したと発表した。情報公開を求める国際世論に押される形で、問題が起きていたことを初めて認めた。…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

オンラインでのモノ販売、上半期は19%増(07/30)

北京で半年ぶりに国内感染者 張家界への訪問歴、警戒高まる(07/30)

国家級新区、新たな発展計画を制定へ(07/30)

科学研究推進に経費の裁量拡大、常務会議(07/30)

消費者苦情、上半期は7%減に(07/30)

チャウピュー特区委員会、法務コンサル募集(07/30)

車8社の世界販売29%増、コロナ前には及ばず(07/30)

交通インフラ投資、上半期は1.5兆元超(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン