中国製ワクチンの使用を承認 「挙国態勢」要請、遅れ挽回へ

ベトナム政府は中国国有製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)が製造した新型コロナウイルスの不活化ワクチンの緊急使用を承認した。調達先の多様化を図ることで、周辺各国に比べて遅れが指摘される接種率を引き上げる狙いだ。政府が5日に開いた「ワクチン基金」の設立総会では…

関連国・地域: 中国台湾ベトナム日本ロシア米国欧州
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

鉱工業生産、7月は2.2%上昇 減速鮮明、操業規制で綱渡り(07/30)

主要鉱工業製品の生産量(表)(07/30)

ホーチミン、12号封鎖措置を数週間延長か(07/30)

市中感染7593人増、第4波累計12万人超(07/30)

ビンズオン省、隔離工場で集団感染相次ぐ(07/30)

バクザン省、感染拡大食い止め規制緩和(07/30)

トヨタ生産維持綱渡り、半導体とコロナがリスク(07/30)

7月は貿易赤字17億ドル、4カ月連続入超(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン