• 印刷する

日本産食品の輸入規制、28日付で完全撤廃

日本の外務省は28日、東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発の事故を受け、シンガポール政府が続けてきた日本産食品の輸入規制が、同日付で完全に撤廃されたと発表した。これにより、福島県産をはじめとする日本産食品をシンガポールに出荷しやすくなる。

シンガポール政府は福島第一原発の事故後、福島県産の水産物などを輸入する際に放射性物質の検査報告書の提出を求めていたほか、全ての日本産食品には産地証明書の添付を求めていた。今回の発表を受けてこうした規制が全て撤廃された。

シンガポールのリー・シェンロン首相は、25日に行われた菅義偉首相との電話会談で、検査報告などの条件を付けていた東日本大震災後の日本産食品に対する輸入規制を完全撤廃する方針を表明していた。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ヤマト、地場EC物流企業に出資(21:13)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(19:41)

医療大手ラッフルズ、中間決算は2.3倍増益(19:41)

テイクオフ:毎年8月9日の建国記念…(07/26)

GIC運用利回り4.3%に拡大 6年ぶり高水準、株価上昇で恩恵(07/26)

シンガポール取引所、米FX企業を買収(07/26)

企業支援策を拡充、感染対策強化で(07/26)

通年のCPI予測、1~2%上昇に引き上げ(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン