• 印刷する

【有為転変】第159回 シャイアンの転機

ハスキーな独特の歌声が、車の騒音に混じってシドニーの中心街に響く。シドニーで働いている人なら誰でも、交差点でギターと共に歌う彼を一度は見たことがあるのではないだろうか。だが彼が特徴的なのは歌声ではなく、その極めてユニークな顔にある。先天性の動静脈奇形で、顔の中心から左側にかけて広範囲に盛り上がるケロイドがある。彼は先週、人生で大きな転機を迎えたという。そのことをこの欄で紹介してみたい。

彼を最初にシドニーで見かけたのは6年以上前のことである。最初に見た時は目がくぎ付けになった。しかし堂々とバスキング(路上演奏)していることに、こちらは頭をガツンとやられたような衝撃を受けたものだった。

シドニーCBDで路上演奏するシャイアン(NNA豪州)

シドニーCBDで路上演奏するシャイアン(NNA豪州)

その後、わがオフィスの近くで演奏しているのを見かけることが多くなった。

歌はうまいとは言えないが(失礼!)、お金をたまに渡す際に恐る恐る話しかけてみると、非常に親しみやすい性格のようだった。その後も会えば話し、彼は弾いている歌を途中で中断してまで筆者と話してくれるようになった。彼はニュージーランド出身で、名前をシャイアン・トンガ(Shyan Tonga)という。

一緒に食事をしたことがある。彼にとって、日本食レストランは初めてだったが、照り焼きソースの味を非常に気に入っていた。虫歯だらけで歯がぐらつき、リンゴなどは食べられないというので苦笑した。

彼はこれまで、自分の顔を見て眉をひそめたり、露骨に嫌悪感を示す人々との間でへきえきする経験を散々してきたという。だがそれでも彼の無垢(むく)な性格を思うと、彼の周囲には、容姿に偏見を持つ人々が幸いにもあまりおらず、温かい人に囲まれていたのではないか、と想像させられた。

好きな音楽を奏でて暮らし、休日にはサーフィンを楽しむ姿を自分のフェイスブックに投稿する。先月は南米のペルーに長期休暇で旅行してきたばかりだ。彼は生粋の自由人である。

彼の顔をまじまじと正面から眺めていると、その重たそうなケロイドをマスクのようにはがせたら、と思う。するとなかなか男前の面が顔を出すに違いない。そうすると、彼の顔を怖がった感覚がバカバカしくなったものだった。おそらく人間の顔というのは本当に、「面の皮一枚」に過ぎない程度のものなのだろう。

■さまざまな通行人

バスカーをしていると、当然ながらさまざまな通行人と出会うらしい。昨年にはハリウッドの映画で著名なジョージ・ミラー監督から声がかかり、現在製作中のファンタジー・ロマンス映画「Three Thousand Years of Longing(今年公開予定)」にも出演した、と自慢していた。

また別の通行人からは、バスカーのライセンスだけでなく、シャイアン自身をエンターティナー関連法人として登録するアドバイスを受けた。公的補助金などでメリットがあるという。

くしくもその後、新型コロナが全世界を襲い、シドニーの街は仮死状態に陥った。通行人がほとんどいないのだから、バスカーという仕事は壊滅的になった。多い日で1日500豪ドル(約4万2,500円)稼いでいたが、それがほぼゼロになった。だが先のアドバイスに従って事業登録していたこともあり、ジョブキーパーなどの補助金で生活は補償されたという。

最近、さらに大きな転機が訪れた。ある朝、演奏していたシャイアンに筆者が声をかけると、彼は歌を途中で止め、喜び勇んで話し始めた。「聞いてくれ!無償で顔の手術を引き受けてくれるという医者がいるんだよ!」。

■無償で整形手術

シドニー在住の整形外科医のナジブ・ソマリ氏が、シャイアンを街で見て、顔の整形手術を買って出たのだという。しかも、全くの無償だというから驚いた。極めて複雑な技術を要する手術で、多くのアシスタントも必要になるため、通常なら数万豪ドル以上はかかるところだ。

その手術が今年4月末に行われ、シャイアンからは、ガーゼで覆われた自身の顔の写真が送られてきた。手術は無事成功したようだった。

シドニーに限らず、オーストラリアでは顔に障害を持つ人を見かけることがある。顔に限らず、車椅子などの障害者を見るのは日常茶飯事だ。政府のバリアフリー政策が浸透しているようだ。さまざまな民族がいるので、多様な容姿を受け入れやすい社会的土壌もあるのかもしれない。

翻って日本では、顔に障害を持つ人が衆目にさらされながら生きる悲痛な苦しみは、オーストラリアの比ではないと聞く。「周囲に迷惑がかかる」という理由で、街中で車椅子の人が外出しているのを見ることさえまれだ。何しろ日本は、感染病ではないハンセン病患者を国家ぐるみで隔離して差別してきた恥辱を持つほどだ。

シャイアンのガーゼが近く取れたら、いつか日本に連れて行き、その心境を講演(コンサート?)などで日本に伝えてほしい。そんな機会があればと思っている。【NNA豪州・西原哲也】


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:利用しているシドニーの…(06/25)

10月にもアストラ製接種終了 ファイザーなどと切り替えへ(06/25)

NSW農相が陽性、議員間での感染拡大懸念(06/25)

豪観光業が800億$損失、州境規制でまた打撃(06/25)

ウールワース、コロナで「メトロ」資産評価減(06/25)

服飾ジェネラル・パンツ、売却へ(06/25)

米制裁に反発、商務省「必要な措置取る」(06/25)

豪開発企とKPMGが世界初、建物品質を追跡(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン