中国、食べ残し禁止法可決=大食い番組は罰金

【北京共同】中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会は29日の会議で、反食品浪費法案を可決した。中国国営メディアが報じた。大食い番組や動画の発信に関わった場合、最高10万元(約168万円)の罰金を科す。飲食店で食べ残しが多いケースも罰金の対象となる。 国を挙げて節約…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料サービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

5月の「消費促進月」、消費額は4.8兆元(06/11)

配車アプリ滴滴、米上場へ目論見書提出(06/11)

成長続くペット市場 23年に8兆円迫る規模へ(06/11)

中国青山、23年にアルミ50万トン生産へ(06/11)

廃棄自動車を95%再利用へ、政府が新規定(06/11)

中国外相、カンボジアへの支援を再表明(06/11)

5カ年計画の公共建設事業推進、常務会議(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン