8割がワクチン安全性を懸念 日系企業、過半数が帰国接種希望

インドネシアの日系企業・組織のうち、81%が国内で接種する新型コロナウイルスのワクチンの安全性に懸念を抱いていることが、NNAが実施した調査で分かった。政府主導のワクチン接種は1月に開始され、既に1,100万人以上が接種したが依然として不安視する傾向が根強い。医療体制…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

1~4月セメント販売量、前年同期比16%増(05/11)

22年のVAT引き上げ、税務局が2案を検討(05/11)

アパレル儒鴻、インドネシア工場年内稼働へ(05/13)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン