• 印刷する

中国国境の貿易、コロナ陽性確認でほぼ停止

ミャンマー北東部シャン州ムセで、中国との国境貿易がほぼ止まっているようだ。中国側の市場でミャンマー人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたことを受け、中国当局が一部の国境ゲートを封鎖したため。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが7日伝えた。 

新型コロナの感染者が確認されたのは、ムセと国境を接する中国雲南省の瑞麗市。3月29日のPCR検査で1人が陽性と判明した。これを受けて、中国側は違法な出入国者からウイルスが持ち込まれる恐れがあるとみて、翌30日の午後12時30分からムセとの国境ゲートを封鎖した。

ムセ・コメ卸売りセンター(MRWC)のミン・テイン副所長は、「主要な国境ゲートは使えず、コメ、破砕米、砂糖、トウモロコシ、水産品、その他消費財の取引は停止している」と話した。スイカとマスクメロンは例外で、1日当たりトラック約400台分を超える量が、中国に輸出されているという。

ムセでは、新型コロナ感染症の影響を受け、昨年からたびたび国境ゲートが閉鎖され、物資の輸送が停滞。3月に入ってから、ほぼ平常時の水準に戻り、1日当たり約1,000台のトラックが国境を往来していた。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー国境輸出、21年は6%減の見通し(14:30)

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(16:30)

正月も、デモや抗議主導者の拘束加速(16:03)

北部で国軍100人死亡か、武装勢力と衝突激化(04/16)

国軍、シャン州武装勢力2団体との関係強化(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

「シリア思わせる」対応急務と国連弁務官(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン