三菱マヒンドラ、クボタと日本事業で提携

インドの農業機械大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)が出資する三菱マヒンドラ農機(島根県松江市)は3月31日、クボタと日本事業の展開で業務提携することに合意したと発表した。OEM(相手先ブランド生産)相互供給の拡大やスマート農業の基盤となるクボタのモノのインター…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料農林・水産その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地ではいま、8割の州…(05/12)

電動車事業に100億ルピー投資 地場オメガ、貨物車のテスラに(上)(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

いすゞ、「D―MAX」の新モデル発売(05/12)

インド型変異株、国内初の感染確認(05/12)

伊ピアジオ、輸出注力で工場の稼働維持(05/12)

ダイキン11年ぶり減収、業務用エアコン落ち込む(05/12)

車販売のEV比率は当面1%未満=現代幹部(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン