【危機のサムライ経営者】ヤター「撤退、絶対しない」 越境ITサービスで存続図る

ミャンマーで飲食店や美容ショップ、医療機関の紹介アプリを運営する日系ベンチャー企業のyathar(ヤター)・ミャンマーは、フェイスブック(FB)マーケティング事業の海外への越境展開などで、クーデター後の生き残りを図ろうとしている。社長の市川俊介(41、敬称略)は「撤退…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

死者数が連日の最多更新、400人近くに(14:25)

日本人死亡、新型コロナで初確認(19:35)

総選挙結果「正式に無効」、NLD解党狙う(14:35)

非「軍政」アピールに躍起 国政会議での軍服着用やめる(07/27)

世銀、20年成長予測マイナス18%に下方修正(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

死者数355人で過去最多更新、陽性率4割(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン