【危機のサムライ経営者】ヤター「撤退、絶対しない」 越境ITサービスで存続図る

ミャンマーで飲食店や美容ショップ、医療機関の紹介アプリを運営する日系ベンチャー企業のyathar(ヤター)・ミャンマーは、フェイスブック(FB)マーケティング事業の海外への越境展開などで、クーデター後の生き残りを図ろうとしている。社長の市川俊介(41、敬称略)は「撤退…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN会議排除に不満、国軍トップ(10/18)

国軍除外で連携、インドネシアとマレーシア(10/18)

民主派政府、首脳会議参加者の選定にけん制(10/18)

国軍と闘争「やむを得ず」、民主派副大統領(10/18)

新規感染1002人、6月末以降で最少(10/18)

総司令官、TV演説で首脳会議排除に不満(10/18)

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン