スエズ座礁、長期化なら輸送費上昇に懸念

エジプト・スエズ運河で大型コンテナ船「エバーギブン」が座礁し、離礁作業が難航する中、インドネシア経営者協会(Apindo)不動産・経済特区部門のサニー部会長は、通航の遮断が長期化すれば輸送費用が上昇するとの懸念を表明した。コンタン(電子版)が29日伝えた。 サニ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では昨今、公園や路…(05/11)

デジタル活用、アジアに学ぶ MUFGの東南アジア戦略(4)(05/11)

31日まで小規模行動制限を延長、30州で(05/11)

新型コロナ変異株24件に増加、保健相(05/11)

民間ワクチン1回分で50万ルピア=調整相(05/11)

アストラゼネカ製ワクチン第3陣到着(05/11)

自動車生産台数、4月は前月比12%減少(05/11)

ダイハツ4月小売り11%増、2カ月連続伸び(05/11)

バンテン州ルバックを新たな経済成長地域に(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン