• 印刷する

【アジア・ユニークビジネス列伝】「ムスリムにノンアル除菌剤」「こだわり過ぎのパンダ人形」

それを売るのか、そんなサービスがあってもいいのか。アジアは日本では思いもよらない商品やサービスに出会う。斬新で、ニッチで、予想外。「その手があったか!」と思わずうなってしまう、現地ならではのユニークなビジネスを紹介する。

【インドネシア】ムスリムにノンアル除菌剤、フマキラーが仕掛ける新商品

フマキラーインドネシアが除菌剤を生産するカラワン工場(同社提供)

フマキラーインドネシアが除菌剤を生産するカラワン工場(同社提供)

フマキラーは、インドネシアで除菌剤「VAPE SANITEC(ベープ・サニテック)」の生産販売を開始した。同国では30年以上にわたり蚊取り線香や殺虫剤などを製造販売してきたが、除菌剤を生産するのは初めて。国内では珍しいノンアルコールタイプの除菌剤で、新型コロナウイルスの流行が拡大する中、イスラム教徒(ムスリム)が多いインドネシアで需要を取り込む。

同商品は、日本では昨年3月に「ウイルシャット ノンアルコール除菌プレミアム」として発売されており、原材料の全てに食品成分を使用。細菌やウイルスを99.99%除去する効果があるという。

フマキラーが日本で取り扱う製品にはアルコール除菌剤もあるが、「インドネシアではイスラム教徒に配慮してノンアルコール処方とすることを決めた」と開発を担当する杉山隆史マネジングディレクター。

フマキラーインドネシアが除菌剤を生産するカラワン工場(同社提供)

フマキラーインドネシアが除菌剤を生産するカラワン工場(同社提供)

実は新型コロナウイルスが流行し始めた当初、インドネシアの保健当局が早い段階でアルコール除菌剤の使用を推奨したことから、消費者には嫌悪感もなく受け入れられていた。だが、その一方で手荒れを気にする人がいることに加え、日中の気温が上がるインドネシアでは火気厳禁のアルコール除菌剤を車内に放置すれば危険が伴う。

杉山氏は「ベープ・サニテック」について、ノンアルコール処方であることに加え、グレープフルーツの種子エキスという天然抗菌成分を使用した100%食品成分のため、「子どもやペットにも安心して使っていただける」と強調。今後は日本で取り扱っているような、さまざまな用途への商品展開も視野に入れていると明らかにした。

──────────────────────────────

【台湾】こだわり過ぎのパンダ人形、生後12日の姿を自宅でも

生後12日の円宝(ユエンバオ)(写真下)と、1月から販売開始されたぬいぐるみ(上)。1体999台湾元(約3,700円)で3,000個限定(台北市立動物園提供)

生後12日の円宝(ユエンバオ)(写真下)と、1月から販売開始されたぬいぐるみ(上)。1体999台湾元(約3,700円)で3,000個限定(台北市立動物園提供)

昨年6月28日、台北市立動物園で誕生したメスのジャイアントパンダ「円宝(ユエンバオ)」。同年12月末から一般公開され、愛くるしい姿で人々を魅了しているが、そのユエンバオに負けず劣らずかわいいと話題なのが、同園で発売されたパンダのぬいぐるみだ。

モデルはもちろんユエンバオ。ただ、その姿は現在の子パンダではなく、生後12日の生まれたてほやほやの姿というのがみそ。同園はメーカーと協力し、重さが生後12日当時のユエンバオの体重と同じ450グラムになるようぬいぐるみを製作。体長やピンク色の皮膚なども忠実に再現し、当時のユエンバオを抱いたような感覚が味わえる。

同園によると、日本の上野動物園が同様のパンダのぬいぐるみを販売していたことから着想を得た。ただ、リアルにこだわった結果、ぬいぐるみとしては重すぎることから生産元から空輸した際、中に何か入っているのではと税関で「疑わしい物品」として止められるハプニングも。

現在、開園中はほとんどの時間を寝て過ごしているというユエンバオ。このぬいぐるみがあれば、いつでも触れ合いタイムが楽しめる…かも?

※特集「アジア・ユニークビジネス列伝」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2021年3月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 台湾インドネシア日本
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

食品展示・ネット商談を初開催 ジェトロ、コロナ下の販路拡大へ(10/29)

日本の地方企業、比に足場 コロナ禍でも投資、計画見直しも(10/29)

テイクオフ:日本ではコロナ禍で家庭…(10/29)

ホンダ、新型セダン2モデル シビック初のスポーティータイプ(10/29)

隔離なしの外国人観光再開へ 当局が11月計画、5省市対象(10/29)

日系輸送船の係留、労組が拒否 WAでも労使闘争続く(10/29)

現地アパレル、日系同業などから57億円調達(10/29)

三菱重工、ジャワ北岸の発電設備が商業運転(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン