北京市、年内に新エネ車50万台普及へ

北京市は3日、汚染対策に関する今年の行動計画を発表し、年内に「新エネルギー車(NEV)」を50万台普及させる目標を設定した。 公共交通、タクシー、清掃、郵便、観光、物流、配車サービスなどの分野で車両の電動化を進める。特に清掃車については、新規・更新車両の70%を電…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、非先進プロセスの増産に3000億円(17:06)

環境債リスト21年版、石炭関連事業を除外(18:56)

タイ政府、ロシア製などワクチン調達を加速(14:25)

半導体、台湾が米中をリード TSMC創業者「人材に優位性」(04/23)

コロナワクチン接種が2億回 製薬大手「深刻な副反応なし」(04/23)

TSMC、水不足で一部生産を南京に移管か(04/23)

プロトン、ペラ生産拠点拡張に2億リンギ(04/23)

広東省との通常往来再開へ協議、政府(04/23)

再生エネ水素、60年に1億t規模=業界団体(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン