• 印刷する

車載半導体の不足「徐々に解消」、業界団体

中国自動車産業の業界団体である全国乗用車市場信息聯席会(CPCA)の崔東樹秘書長は2日、世界中で不足が続いている車載用半導体について「供給停滞のリスクは徐々に解消される」との見方を示した。政府や国内の半導体生産企業が対策に動いていることから、自動車販売への影響はそれほど大きくないとした。

崔氏が個人の会員制交流サイト(SNS)アカウントで車載用半導体不足を巡る状況を説明した。崔氏によると、自動車や部品の生産停止は主に、車を制御するマイクロコントローラー(MCU)の不足が影響しているという。

崔氏は、車載用半導体の不足は「ここ数年来で最も深刻な危機だ」と指摘。一方で、工業情報省(工情省)が自動車メーカーと半導体企業の仲介に乗り出したことや、国内企業による半導体生産が徐々に拡大していくのに伴い、影響は徐々に収まるとした。

自動車販売への影響については、「自動車の小売価格は比較的安定しており、明らかな値上げの傾向は見られないことから、全体的な圧力は大きくない」との見解を示した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

3月の新築住宅価格、上昇は62都市に増加(04/16)

1~3月GDP18.3%成長、過去最高の伸び(04/16)

ワクチン調達「リスク取る必要」、保健相(04/16)

国安教育デーの活動、香港で初開催(04/16)

各地で不動産抑制策続々、価格下落も(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

商務省「食品への脅威評価」、処理水放出で(04/16)

海外からの対中投資、1~3月は39.9%増(04/16)

友達総経理、部品不足「2Qはより深刻」(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン