農作物商社オラム、20年は増収減益

三菱商事が出資するシンガポールの農作物商社オラム・インターナショナルが2月26日発表した2020年12月期決算は、売上高が前期比9%増、純利益が22%減の増収減益となった。新型コロナウイルスの流行で、特に上半期(1~6月)の業績に影響が出たほか、アフリカの合弁会社の減損…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

1~3月期のGDP0.2%増、プラス転換(21:15)

1~3月期のGDP0.2%増 5四半期ぶりプラス、製造業好調(22:06)

アジア駐在員家賃、10都市中4都市で低下(21:18)

金融政策「緩和」を維持、低成長見通しで(18:23)

暗号資産取引の米社、金利収入サービス始動(18:23)

フィンテックのフェイブ、印企業に身売り(18:23)

短期滞在制度での入国、9月以降1.8万人(18:23)

中古集合住宅の販売、3月は10年ぶり高水準(18:23)

テイクオフ:さっぱりした果物を食べ…(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン