• 印刷する

テイクオフ:「英米のワクチンなんか…

「英米のワクチンなんか信用できるか、俺は中国製しか打たんぞ」――。春節(旧正月)期間中の集まりで、華人の夫の親戚のおじさま方が気炎を上げていた。

マレーシアでも先週から、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。第1号となったムヒディン首相が接種を受けたのは米ファイザー製。がんサバイバーである首相が率先して接種し「安全で効果的だ」「パンデミック(世界的大流行)からの脱却に向けて、積極的に接種しよう」とアピールに努めたが、国民の間ではまだワクチンへの不安感が強いようだ。

マレーシアは、英米メーカーのほか、中国やロシアともワクチンの供給契約を結んでいる。親戚のおじさま方は高齢者なので、4月からの接種となるだろう。その頃には、彼らの希望通り中国製ワクチンの供給が進んでいることを願いたい。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/16)

UMWトヨタ、1Q販売は61%増の1.7万台(04/16)

日野自、起業家育成機関に中型バス32台納入(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ツリーレティック、隣国へ電動二輪車輸出へ(04/16)

RM1=26.4円、$1=4.13RM(15日)(04/16)

異物検知の実証実験第2期開始、首都空港で(04/16)

建材サラワク、マレー半島進出へ企業買収(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン