ヤンゴンの射殺、警察が捜査要求をけん制

ミャンマー最大都市ヤンゴンで自警団の男性が射殺された事件について、発砲したとみられる警察側が、捜査の開始を求めないよう遺族をけん制していたことが分かった。電子メディアのイラワジが22日伝えた。 男性は20日午後11時過ぎ、ヤンゴン北郊のシュエピタ郡区で頭部を撃たれた…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国軍当局、国連大使を「職権乱用者」と解任(00:21)

ヤンゴンでのデモ制圧強化、166人が拘束(02/27)

デモ取材の日本人ジャーナリスト、一時拘束(02/27)

世銀、ミャンマーへの資金拠出を停止(02/27)

国連大使、特別会合で「国軍の罪」強く非難(02/27)

総選挙の結果は無効、選管が各党に説明(02/26)

新選管、NLD議員の活動に法的措置へ(02/26)

コロナ集会上限が緩和、実質的変化は限定か(02/26)

国際空港での出入国カード、3月から復活(02/26)

マンダレーのデモでの死者、4人に=地元紙(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン