政策金利を3.5%に引き下げ 当面は据え置きか、効果見定め

インドネシア中央銀行は18日、前日から2日間開いた月例理事会(金融政策決定会合)の決定に基づき、政策金利の7日物リバースレポ金利を0.25ポイント引き下げて3.50%にすると発表した。利下げは昨年11月以来3カ月ぶり。今年通年の経済成長予測なども当初予測から下方修正した。…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

森林伐採が大幅減少、国際社会から高評価(15:31)

テイクオフ:インドネシアでヤモリは…(04/20)

宅配各社が輸送体制強化 ラマダン商機、EC中心に(04/20)

5月3日まで行動制限延長、25州に拡大(04/20)

民間ワクチン、4月第4週に到着予定(04/20)

シノバック製ワクチン、600万回分が到着(04/20)

イオンモール3号店、土地建物を自社所有に(04/20)

航空会社協会、国内線の回復は22年初頭から(04/20)

台湾EMS大手、バタムで800万米ドル投資(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン