• 印刷する

三菱自のタイ法人、設立60周年で財団創設

ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)は設立60周年を迎えた(同社提供)

ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)は設立60周年を迎えた(同社提供)

三菱自動車のタイの生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)は20日、設立60周年を記念して非営利団体(NPO)「ミツビシ・モーターズ・タイランド・ファンデーション(MMTF)」を創設すると発表した。

MMTFは、事業の第1弾として、タイの王室森林局、タイ温室効果ガス管理機構(TGO)と協力し、東部チョンブリ県とその近隣県の森林60ライ(9.6ヘクタール)に植樹する。

MMThはこのほか、年内に三菱自動車の自動車を購入した顧客を対象に、総額6,000万バーツ(約2億1,000万円)相当の景品が当たるくじ引きを開催する。対象となるのは、2020年1月20日~12月31日に自動車を購入した人で、くじ引きは四半期に1回開催する。景品は、最大912グラムの金(きん)や、韓国サムスン電子のスマートテレビ、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)12」など。

MMThの一寸木守一社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、「60周年を迎えられたのは、タイ政府や地域社会、ディーラー、取引先、そして何より顧客の支援があったからこそだ」と述べ、謝意を示した。

三菱自動車は、1961年にタイに販売会社を設立し、64年に生産を開始。2003年に現在の社名に変更した。チョンブリ県レムチャバンに生産工場3カ所、エンジン工場1カ所を構え、小型セダン「アトラージュ」やスポーツタイプ多目的車(SUV)「パジェロスポーツ」、ピックアップトラック「トライトン」などを生産。昨年12月には、プラグインハイブリッド車(PHV)のSUV「アウトランダーPHEV」の生産も開始した。

MMThは、21~26年に工場再建と自動車の新型モデルの開発に360億バーツ以上投じる計画だ。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染63人、連休前に注意喚起(25日)(02/25)

食品向け紙容器の規格、8月に義務化見通し(02/25)

倉庫公団、冷温倉庫開発で民間4団体と覚書(02/25)

今年のEC市場は2.2億ドルに、新規参入も(02/26)

1月の生産者物価0.1%低下、下落幅は縮小(02/26)

テイクオフ:「世界の新規感染者が目…(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン