大手各社でESG経営加速 企業価値に直結、残る財閥リスク

韓国の大手企業がESG(環境・社会・企業統治)経営を加速させている。サムスングループは、温室効果ガスを多く排出する石炭火力発電事業の新規受注の停止を決定。SKグループは2050年までに使用電力の100%再生可能エネルギー化を目指す。一方で、欧米企業に比べると取り組みに…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国ポータルサイトのネ…(03/04)

SKが水素事業に1.7兆円投資 インフラ整備、「炭素中立」促進(03/04)

コロナ感染者444人、4日ぶり400人超(03/04)

ワクチン接種後に2人死亡、原因を調査へ(03/04)

米の安保委員会、半導体の台湾依存に警鐘(03/04)

LGとSK電池紛争、バイデン氏判断に注目(03/04)

ゲーミング用モニターの出荷、今年41%増へ(03/04)

2月の韓国車販売、コロナ反動で4.8%増(03/04)

ハンオンシステム、慶州にEV部品工場建設(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン