• 印刷する

ジョ州の新交通、中国製車両到着で走行試験

CRRCアーバン・トラフィックが中国本土で使用しているARTの車両(イレカ提供)

CRRCアーバン・トラフィックが中国本土で使用しているARTの車両(イレカ提供)

マレーシアの建設大手イレカ・コーポレーションは、レールを使わずに道路を自動走行する次世代都市交通システム「ART」の実証試験を開始する。ジョホール州南部のイスカンダル開発地域(IDR)で行う。中国製の車両が20日、ジョホール港のコンテナターミナルに到着した。エッジが伝えた。

イレカは、中国の鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)傘下のCRRCアーバン・トラフィック(CRRCUT)と設立した合弁会社モビルスを通じて、ARTの試験走行を実施する。モビルスへの出資比率はイレカが51%、CRRCUTが49%となる。

イレカグループのライ・ブーンホン社長は「ARTの実証試験は新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で多少遅れたものの、21年初めの開始にこぎ着けた」と述べた。

イレカによるARTの走行試験は、イスカンダル地域開発庁(IRDA)が主導する総延長2,000キロメートルに及ぶイスカンダル・マレーシア・バス高速輸送システム(IMBRT)導入計画の第1期に当たる。環境配慮型の車両を使って、都市部の乗客輸送のための中容量輸送システムの実現を目指す。

ライ社長によると、試験車両は3両編成で、乗員は300人以上。時速は最高70キロメートルという。

試験走行に併せて、マラ工科大学(UiTM)の研究機関、マレーシア運輸研究所(MITRANS)が技術的な実現可能性調査を行い、都市交通システムに関する報告書をまとめる予定だ。


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ファイザー製ワクチン、年内3200万回分調達へ(17:58)

テイクオフ:「ステイホーム」がトレ…(03/09)

【ASEAN戦略】コロナ禍で店舗展開加速 外食トリドール、新業態優先(03/09)

三菱自、ネットでの販促強化 オンラインショールーム開設(03/09)

20年小売売上高、コロナ禍で16.3%減(03/09)

RM1=26.4円、$1=4.10RM(8日)(03/09)

新規感染1529人、年初来最低に(03/09)

首都圏の投資額、20年は558億リンギ(03/09)

60代のワクチン接種前倒し、重要職従事者も(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン