• 印刷する

SKが環境債、メモリー大手で初発行

韓国半導体大手のSKハイニックスは14日、約10億米ドル(約1,037億9,000万円)規模の「グリーンボンド(環境債)」の発行に成功したと発表した。半導体メモリー大手でグリーンボンドを発行したのは同社が初めてという。

グリーンボンドで調達した資金の使途は環境分野に絞られる。SKハイニックスは今後、半導体産業で重要な水管理のために、最先端の廃水処理場建設と用水のリサイクルシステムを構築するプロジェクトを手掛ける。

IT産業全般の二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて、消費電力を抑えることができる「ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)」の開発も進める。同社は「ハードディスクドライブ(HDD)を省電力のSSDで代替すると、CO2の排出量を93%以上低減することができる」としている。

今回の環境債の発行は、全世界230以上の機関投資家から計54億米ドル規模の注文が殺到。発行規模を当初予定した額の倍にしたという。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者513人、死者は22人増(01/15)

政策金利0.5%据え置き、金融緩和維持(01/15)

マクニカ、韓ミリ波レーダー企業の代理店に(01/15)

21年の日系昇給率2.5%予測 NNA調査、コロナで賃上げ慎重(01/15)

コロナ感染者524人、死者は10人増(01/15)

セルトリオンのコロナ薬、回復期間を短縮(01/15)

現代自の新EV、満充電で500キロ以上走行(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン